ABOUT

安齋昌幸 プロフィール

 

文筆家・研究者

1964年生まれ
一橋大学社会学部卒業

NHK(日本放送協会)科学番組部にて番組制作。
その後、NHKエンタープライズに出向し、
番組制作、展覧会プロデュース、ネットサービス開発などに携わる。

番組企画工房 アフターワード所属

早稲田大学理工学術院非常勤講師(現代視覚メディア研究)
埼玉大学教養学部非常勤講師(アニメ文化研究・2015年まで)

○主な制作番組
「トライ&トライ」「ETV特集~ヨーロッパメディアアートの挑戦」
「ハイビジョン特集~恐竜の謎を解く」「デジスタラボ」「デジタルスタジアム」
「マルチメディア社会と変容する文化」「恐竜エンジン」
「ザ☆ネットスター!」「MAG・ネット」
「Rの法則」「エレうた!」「ミュージック・イン・ブック」
「アニ充」「声優生電話」「ヱヴァのミカタ」「ボカロ生活(仮)」
「ニッポンアニメ100」等

アニメ「川の光」プロデュース
(第18回子どもアース・ビジョン賞、
アメリカ国際ビデオ・フィルム祭エンタテインメント部門最優秀賞、
上海テレビ祭銀賞受賞ほか)

○ネットコンテンツ
「懐かしTVマニアックス」(NTT goo)
「インターネットの夜明け」(Yahoo!JAPAN)等

○展覧会プロデュース
「グローバルメディア」「デジタル・フォレスト」
「デジタルスタジアム展」「超(メタ)ヴィジュアル」
「おたく:人格=空間=都市」「文学の触覚」 等
(東京都写真美術館)

「世界最大の恐竜博2002展示映像」
(第6回文化庁メディア芸術祭審査員会推薦作品)

○主な著書
「Intermedia メディアと芸術の相関を思考する」(トランスアート)(共著)
「デジスタラボブック」(NHKエンタープライズ)
「絵コンテの宇宙」(美術出版社)(編集協力)
「文学の触覚」(講談社)(編集協力)
「いま、クリエイターが考えていること。」(Kunstlab Tokyo)
「ムゲンノホシゾラ」「深夜アニメ・スタディーズ」(ムゲンノホシゾラ)
「afterward」(アフターワード)

○寄稿
各種書評・エッセイ(「群像」「IN POCKET」「日本VR学会誌」他)